2014年12月08日

ウラわざ「 しなびたレタスをしゃきっと 復活させる」

ウラわざ

「 しなびたレタスをしゃきっと 復活させる」


レタス1.jpg



しなびたレタスを手早くしゃきっと復活させる「ウラわざ」について

レタスを冷蔵庫で保管しておくとしなびて

シャキシャキ度がなくなっていることがよくあります。

普通は水を張ったボールにレタスを入れて

しゃきっとさせますが、

よりしゃっきとそれも手早くさせる

「ウラわざ」があります。

それは水ではなく40度のお湯。

これで見違えるようにレタスがしゃきっと復活します。

どうして?

レタスは90%以上が水分でできているので

冷蔵庫に入れておくと水分が蒸発してしなびてしまいます。

そこで普通は水に漬けてしゃっきとせますが、

レタスは気温20度以上でよく発育する性質を持っていますので、

それより低い温度の水につけると細胞の働きが鈍くなり

水分を吸収する力が弱くなります。

一方「ウラわざ」の40度のお湯に漬けると

レタスの細胞の働きが活発になり

そのため水分の吸収が早まります。

また長く水に漬けておくとレタスの栄養分が

どんどん流れ出てしまうため

短時間漬ける方が流れ出る栄養分も少なくてすむという

効果もあります。

今日もお読みいただきありがとうございました。

レタス2.jpg






posted by テケテケユウ | Comment(0) | TrackBack(0) | ウラわざ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。