2014年06月04日

ウラわざ「電子レンジでゆで卵を作る」

ウラわざ「電子レンジでゆで卵を作る」

電子レンジ3.jpg電子レンジ1.jpgゆでたか¥ま.jpg






電子レンジと卵ほど相性の悪い取り合わせはない、が常識として通用しています。

卵をそのまま電子レンジに入れて加熱するのは、絶対ダメ。

破裂(破裂というより爆発)しちゃいます。

この恐ろしさ、みな知っています。

でも、レンジで簡単にゆで卵が作れるのです。  その「ウラわざ」。

このアイデアはアメリカで行われている手法を

商社マンの奥様が輸入したことが発端のようです。

で、そのやり方。 アルミ箔と水を使います。

アルミ箔で卵をしっかり包んでから、

電子レンジ対応の耐熱容器に入れて、

そこに水を卵が浸かるように注いで、10分加熱します。

これで普段と変わらないゆでたまごが出来上がります。

これは電子レンジの特性をうまく使った「ウラわざ」です。

レンジの電磁波は金属(ここではアルミ箔)で完全に跳ね返されます。

つまり卵には熱はまったく伝わりません。しかし周囲の水は熱せられて湯になります。

この熱が伝わって、ゆで卵ができるのです。

アルミ箔は電磁波は跳ね返しますが、湯の熱は伝導(伝える)します。

卵が何個でも、加熱する時間は同じです。

半熟にしたいときは、8分くらいの加熱。

アルミ箔が水から出ていると、加熱中に火花が飛ぶから、すっぽり水に浸すこと。

お湯ではなくて水から茹でるようにします。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

このサイトの姉妹サイトへもどうぞお立ち寄りください。


「ウラわざ」生活の智恵、

「ウラわざ」便利グッズ 


下のバナーのクリックをお願いいたします。
    このサイトのランクが上がりますので。


グルメ・料理(全般) ブログランキングへ









posted by テケテケユウ | Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/330476278

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。